会社案内

企業理念は、“お客様に最高の満足を提供すること。”

会社概要

会社概要

旧来、河内長野は、京都・大阪などから高野山に向かう3本の旧高野街道が合流する箇所であり、その合流地点に近い場所に、初代社長が、和・洋菓子の製造販売を始め、店頭販売を中心に行っておりました。
時代の流れとともに、大八車やリヤカーなどを用い、小売りだけでなく近隣の小売店にも販売するようになりました。
更に、大阪市内から高野山に向かう汽車の路線が河内長野まで延伸され、形成された駅前商店街の中で、順調に店頭販売の商いを継続・拡大していました。
また、物流面においても、河内長野駅ができたことで、流通システムが整い、大阪市内などに卸売を拡大できるようになりました。

その後、2代目社長の時代に、駅前から少し離れた場所に現本社工場の土地を取得し、和・洋菓子全般にわたる「お菓子」の製造販売を行い、同時に今までの「個人商店」から会社組織「カネ増製菓株式会社」への変更登記を行いました。その間、色々な和・洋菓子を製造してきましたが、価格競争などが激化し、徐々に商品が絞られるようになり、現在生産している商品の基本となるミルクパンに特化するようになりました。
3代目社長の時代に入ると、駅前にあった「菓子販売店舗」を「スーパーマーケット」に業態変更し、駅前に1店舗、住宅地内に1店舗の「スーパーマーケット」を有し、製造と小売りの2本柱で業績を大きく拡大しました。
しかし、平成に入り、駅前商店街地区の再開発に伴い、店舗閉鎖の英断を行い、製造1本の業態となりました。
その後、4代目社長が、ベースとなる「ミルクパン」をアレンジし、「チョコパン」・「保存食」・「乳幼児向け」などを開発し、順調に売り上げ規模を伸ばしつつあります。

沿革

沿革

1890年 明治23年 4月 創業
1951年 昭和26年 5月 カネ増製菓株式会社 設立

案内地図

カネ増製菓株式会社 〒586-0017 大阪府河内長野市古野町8番3号
南海高野線・近鉄南大阪線の河内長野駅から徒歩5分
5台分の駐車スペースあり